忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近あまり見なくなったのが、自転車の手放し運転。

さすがにそういう環境ではなくなったのか

本当に見かけない。危ないしね。

自転車のハンドルから両手を話して運転するのを

「手放し」といっている。念のため。

 

それでも,見通しの良い一本道とか車のの少ない田舎道などでは

いきった奴がたまにやってる。

私も小さい頃、よくやっていた。

いきっているというよりも、車もなく広い道を走ってると

ついついご機嫌な気分になってやってしまうのだ。

ヒャッホー!

 

「手放し」はいいのだが、大切なのはその放した両手の「やりば」である。

そう、手持ち無沙汰なのである。

いきってやったはいいものの、放した両手に「てれ」は隠せない。

腕組みする・・・うーんなんか固いな。せっかく自由な開放された気分なのに。

両手を広げる・・まるで重心とってるようでださいでしょ。二人ならタイタニックだが。

髪の毛をかきあげる・・・自転車乗ってて説得力がない。悩んでる感がある。

手をたたく・・・アホまるだし。猿。

ルービックキューブする。・・・そこまで器用ではない。

太ももに手を置き、こぐ足の補助をする・・・ハンドル握ったほうがいいのでは。

眼鏡を丁寧にふく・・・本当に危ない。

 

結論を言えば、「そんなに手持ち無沙汰ならやらなきゃいいのに」なのだ。

 

いやいや自転車の「手放し」によく似た光景を最近目にしたので

思い出しただけなのだが。

 

先日、セルフのガソリンスタンドに生き、給油していたところ、

店員が寄ってきて、「洗車はいいですか?」とか

「オイル点検いいですか?」とかいいつつ

私が給油してる間中、その店員はずっとそばで立っていたのである。

 

まるで「何かお手伝いできることありますか?」みたいな感じで。

 

思わず、

「できたらこの給油ホース、持っててくれないかな?その間にトイレ行きたいので」

または

「私のかわりにトイレ行ってきて、用を足してきてくれないかな。給油してるから」

と言いそうになった。

 

手持ち無沙汰なんだな!

手持ち無沙汰なんなら給油してくれよ!

これが本末転倒の「手持ち無沙汰」だ。

 

とこの時に、自転車の手放し運転思いだしたということだ。

 

ついでに言うと駐車場の出口で自動精算機あるのに

そばに立って親切にお金を機械にいれてくれるおっさん。

いいのだが、「レシートいりますか?」っていちいち聞くな。

必ず渡してくれよ。

「すいません、ください。」

て言うこの会話が無駄のようで、機械ならこの会話はないのに。

 

手持ち無沙汰の人へ

本当はもっと握らなきゃいけないものがあるのではないのか?

両手でハンドル握ってれば、手持ち無沙汰にはならないものだ。

 

 

私は、いま手持ち無沙汰ならゴルフの素振りをするかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
めっちゃおもろい! 笑えた!
イカリングさん、最高!!

『手をたたく・・・アホまるだし。猿。』

『できたらこの給油ホース、持っててくれないかな?』

同感です!! 笑えたーーー ありがとう!

大塚 真一 URL 2012/04/17(Tue)17:32:37 編集
プロフィール
HN:
グリーンアートの社長です
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1963/01/23
職業:
会社役員
趣味:
整理整頓
自己紹介:
血液型/AB型 出身地/大阪府豊中市
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/26 いなかっぺ星人]
[05/15 まみ]
[04/17 大塚 真一]
[04/17 大塚 真一]
[04/16 1ファン]
カテゴリー
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) イカリングのほくそ笑み All Rights Reserved