忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今さらだけど・・・ほんとに申し訳ないが、

海外ドラマ「メンタリスト」にはまっている。

 

2008年に放送開始。現在シーズン5までいっている。

シーズン4までようやくDVDになっている。

私はようやくセカンドシーズンにはいったところ。

コアなファンの人には、ほんと今さら?でお恥ずかしい。

 

犯罪心理スペシャリストのパトリック・ジェーンと

CBI(カリフォルニア捜査局)の活躍する刑事ドラマである。

 

内容はともかく、見やすい。心地いい。

なぜかというと,スペシャルにワンパターンだからだ。

あるフォーマットに乗っ取って、おなじみのキャラクターたちが

それなりのキャラ設定に従い動き出す。

 

言ってみれば、「水戸黄門」「遠山の金さん」を見るように

わかりやすくて、必ず45分間で解決してくれるのも痛快だ。

真犯人はほぼ意外な人物。似たようなエピソードで同じような

登場人物。時間が経つと忘れてしまう。

ひどい時は30分で忘れる。

 

ドラマと映画の違いはいろいろある。

ドラマを見ていると考えなくていいから楽だ。

ドラマと違い映画は11本、どう展開するかわからないから疲れる。

未知の映画の世界に入っていくには脳の体力がいるのだ。

ドラマに走りがちなのは、脳体力が劣ってきているに他ならない。

 

言い訳がましく、忙しいからとか、最近のはくだらないとかで

昔の映画に逃げ込む負けず嫌いの年寄りになってはならない。

 

面接で「最近、何か映画観ましたか?」の問いに

「海外ドラマは大好きで観てます。」の答えは答えになってないのである。

念のため。

韓流ドラマ?・・・・・

 

履歴書の趣味欄に映画鑑賞って書いてあるのに・・・それはない。老いを防ぐには、脳を甘やかせてはいけない。

 つまり

ドラマは様式美を楽しむ。

映画は脳力開拓を鍛える。

役割分担きっちりとするべきだ。

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
グリーンアートの社長です
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1963/01/23
職業:
会社役員
趣味:
整理整頓
自己紹介:
血液型/AB型 出身地/大阪府豊中市
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[08/26 いなかっぺ星人]
[05/15 まみ]
[04/17 大塚 真一]
[04/17 大塚 真一]
[04/16 1ファン]
カテゴリー
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) イカリングのほくそ笑み All Rights Reserved