忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

対向車にブレーキを踏ませてないけない。

 

自動車教習所で、仮免とって街中を走る時に

教官にいわれる言葉だ。

 

要するにこちらが右折しようとする時、

対向車の直進車がブレーキを踏むというのは

こちらが悪いのである。

特に対向車のドライバーに睨まれるとか

クラクション鳴らされることなく自然な行為であっても

こちらのせいだ。

 

なるほど、逆の立場に立ってみればそれは正しい考え方だ。

 

実生活でもこの考え方は通用する。

 

例えば、自分は怖がらされるのは嫌いだが、

相手をその気もないのに怖がらせてしまうことが

なによりも嫌いで、とても心痛く感じる。

 

私は特に体がでかいので

家の中でも,ドアの陰とか、嫁の後ろに立つと、

嫁に非常にびっくりされることがある。

悲鳴あげんばかりの驚き方なので、少しショックだ。

いい加減、慣れてもらいたいものだが・・・

私には気配があまりないらしい。

 

長年連れ添った嫁がこうなのだから

私が夜道を歩く時は、ひとりで歩いてる女性には

かなり気をつかう。

 

その気がなくても「怖がらせる」、それ自体がもう罪なのだ。

敬虔にしてかなり謙虚な考え方だ。

襲うとか備考するとか追いかけるとかイタズラ心とかからかうとか

見せる抱きつく声かけるなんてもってのほかだ。

 

知り合いの女子が,フェイスブックで

夜道で道を聞かれたら痴漢だってびっくりと言ってたが、

・・・あり得ない・・・

 

まともな紳士が夜に、女の人に、道きくか?

スマフォで調べるでしょ。

女の人に道聞くほどあいまいなものないし・・・

大体、女子ってだれかれかまわず道すぐ尋ねるけど、

私は、遅刻してでも自分で見つけないと気が済まない。

ゲーム感覚なのか・・・

 

道だけに道それたけど

夜道で女子に道きくのは痴漢かナンパしかいない。

なぜこの事実を認識してくれないのだろうか。

 

自宅のマンションで深夜エレベーター待ちしてる女子がいたら

怖がらせたくないので、私はやり過ごして、マンション一周してから

戻るようにしている。

 

怖いと言えば、最近、スマフォの誤作動で全く知らない人に何度も電話していて

逆に夜中にコールバックされておばさんの声で「お宅誰ですか?」

といわれ、「お前こそ誰や?」と思うことがあった。

 

女の人って案外勇気あるなあ。

 

 

 

 

 

 

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
グリーンアートの社長です
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1963/01/23
職業:
会社役員
趣味:
整理整頓
自己紹介:
血液型/AB型 出身地/大阪府豊中市
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[08/26 いなかっぺ星人]
[05/15 まみ]
[04/17 大塚 真一]
[04/17 大塚 真一]
[04/16 1ファン]
カテゴリー
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) イカリングのほくそ笑み All Rights Reserved