忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 酒は嫌いではない。むしろ好きかもしれない。

食べる事も大好きだ。

 

酒飲み曰く、あくまで酒をうまく飲むために

つまみを食べる。大阪でいう「あて」である。

酒のための肴と椎名誠先生は言っていた。

 

そういう意味では私は本当の酒飲みではない。

なぜなら、食うのがすきだから。

あくまでおいしく食べるための酒なのだ。

 

だから私は「もの食い」なのである。

酒を飲むと食い物が実にうまい。

そして酒もすすむ。

酒を飲むとなぜか腹が減る。どっかの神経がやれれるのか?

 

なんで、私はシメものを頼まずにはいられない。

シメとは酒の最後に締めるからシメなのか

はたまたメシを業界人のごとく反対に読んでシメなのか

どうでもいいがこれがまたうまい。

 

このシメのために酒飲んでいるといってもいいくらい。

カニちりのあとのカニ雑炊。

てっちりのあとのふぐ雑炊。

ちゃんこのあとのチャンポン麺。

焼肉のあとの冷麺。

その他、茶漬け、日本そば、ガーリックライスなどなど

炭水化物系で腹にたまるもの。

 

まあ、これで終わればいいのだが、

これを第一のシメとして、

二次会、三次会と酒を酌み交わし、

最後にもう一度、本日のシメをおこなう場合がある。

 

このシメは間違いなく体に悪い。

みんなと別れ、一人で意識無くおこなう場合もあれば、

みんなでシメを食べる場合もある。みんなで行くと

ラーメンだけでなく、ついでにビール、餃子も追加となる。

へたすれば、キムチチャーハン頼んで間食するから怖い。

間違いなく病気だ。

そう、酔っぱらうからどうでもよくなり、腹の感覚も鈍り

食欲とういう本能だけでついつい食べるのだ。

まさしくゾンビと言っていい。

 

最近の実験として、宴会が始まる前に

ひとりで天そばを食べることにしてみた。

昔、まだ20代の頃、東京で酔っぱらってはいけない

大事な宴会があると最初にイカ天そばを食べてから

事にのぞんだ。

そう、空腹だと酔っぱらうからだ。

イカ天一杯たべるだけで、無敵だった。

朝まで眠らず、酔わずにつきあう事ができた。

 

そして40代の最近はどうかというと、

天そば食べても、普通に酔っぱらうし、つまみも

食べれる。

 

さらに困ったことに、シメものもみんなと一緒に

なって食べてるではないか!

 

なかった。まるで意味がなかった。

 

歳をとってさらにいやしくなったのか?

確実にゾンビに近づいておる。

 

 

 

 

 

 

 

 

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
グリーンアートの社長です
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1963/01/23
職業:
会社役員
趣味:
整理整頓
自己紹介:
血液型/AB型 出身地/大阪府豊中市
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/26 いなかっぺ星人]
[05/15 まみ]
[04/17 大塚 真一]
[04/17 大塚 真一]
[04/16 1ファン]
カテゴリー
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) イカリングのほくそ笑み All Rights Reserved